地域性に特化した住宅建設 | 自然素材の家でのびのびとした生活を送ろう

地域性に特化した住宅建設

震災から復興し発展を続ける西宮市では、注文住宅に多くの要望を込めています。その中で人気の高い設計を行う工務店は、徹底して住み心地の良さにこだわっています。木の香りが楽しめる兵庫県産の無垢の木を使用して合板を使っていないのが人気の理由のひとつです。さらに腕の良い職人が種類の異なる様々な木を、最適な場所で使いわけています。また、西宮市の工務店それぞれに得意とする注文住宅における工法を持っていることも人気の理由です。広いリビングを確保できるように耐久性の高い工法を採用すると共に、外断熱などで外気の影響も受けにくくしています。リビングが広いとエアコンなどの熱効率が落ちるものですが、工法で工夫することで光熱費を抑えることにもつながります。

西宮市ではコストを抑えた注文住宅も増えています。そこで注意したいのは、どのようにしてコストを抑えているかということです。基本的な性能に影響を及ぼすような設計となることは避けることが重要です。天然素材を使いながらも住みやすい家を安く建てる工務店も多くあります。廊下を減らすことで壁に使用する木材を減らし、部屋を小分けにしないことで冷暖房効率を高める工夫などもあります。また、注文住宅は建設費用とランニングコスト、メンテナンス費用のトータルコストで高いか安いかを判断することが大事です。たとえ安く建設できたとしても、維持費にお金がかかるようでは意味がありません。そのようなトータル的なプロデュースができるような西宮市の工務店を選ぶことが大事です。