日本一暮らしやすい県です | 自然素材の家でのびのびとした生活を送ろう

日本一暮らしやすい県です

有名なキャッチフレーズが

岡山県は、「晴れの国おかやま」を県のキャッチフレーズとしています。県庁所在地である岡山市の快晴日数の多さなどが全国最多であることから考え出されたものですが、岡山県の住みよさを端的に表すものです。県の南部は瀬戸内海に面しており、典型的な瀬戸内海式気候です。年間を通じて気温や湿度が安定していて、降水量も月による変動が比較的特徴付けできる気候です。そのため、瀬戸内海式気候は非常に暮らしやすい気候と言われています。反対に、北部の山沿いの地域は日本海側気候に属し、豪雪地帯に指定されているところもあります。その地域に住んでいない方にとってはイメージしにくいかもしれませんが、スキー場も営業しているほどの積雪量があります。

じっくりと選びましょう

住宅は、工務店選びが満足のいく住宅になるかどうかを決める重要な部分を占めています。しかし、最も大変なものが工務店選びでもあります。非常に多くの工務店がありますので、そのなかかからご自分の希望にあったところを探していくことになります。まず初めに、完成見学会を積極的に利用しましょう。完成見学会は、工務店の発表会のようなものであり、それぞれの工務店が自社の売りとなる工法や断熱性能などを積極的に説明してくれます。事務所の机で話を聞くよりも何倍もイメージが付きやすいので、ぜひおすすめです。そして、岡山県でも北部では断熱性能が重要になってきます。また、南部でも冬の寒さや夏の暑さ対策は重要ですので、工務店ごとの断熱性能の考え方もしっかりと確認し、信頼できる工務店に巡り合えるように頑張っていきましょう。